週末大冒険

週末大冒険

ちょっと出かけてみないか。忘れかけていた、ワクワクを探しに。

グルメ

No.372【山口県】山の中に佇む「観音茶屋」!そこで食べるレトロ自販機の麺類がうまい!

// レトロ自販機の、西日本エリアの聖地といえば「観音茶屋」の名前が絶対に上がってくるであろうな。 まるで登山しているときに出てくる峠の茶屋のような雰囲気で、緑深い山中をドライブしている僕らの前に登場してくれるドライブインだ。まさに山間部のオ…

No.369【和歌山県】車すれ違い不可!山奥の秘境のイタリアン「富夢想野(トムソーヤ)」!

// 10数年前から行きたかったイタリアンレストランが、海南市のとんでもない山奥にある。 なんで10数年前から行きたいのに行けなかったのかというと、理由は2つだ。 1つ目は、道が細すぎて大きめの車では行けないから。HUMMER_H3とかでは無理。 2つ目は、シ…

No.368【岡山県】レトロ自販機から本格手打ちうどん登場!「もみぢの里」で感動を味わえ!

// 昭和の時代に造られたレトロ自販機が、令和の時代にちょっとした人気になっている。 中からはアツアツのうどんやそば・ラーメンなどが登場する。そのギミックがなんだか楽しい。 店舗によってダシをこだわったり天ぷらを手作りしたり、などの個性も面白い…

No.367【鳥取県】"因幡の白兎"の舞台「白兎神社」!うさぎ焼いちゃうのかよ!でもうま!

// 「白兎(はくと)神社」。あなたもご存じかと思うが、「因幡(いなば)の白兎」という童話の舞台の神社である。 この因幡の白兎が記されている書物は、なんと古事記や日本書紀までさかのぼる。日本最古の文献に、既にこの物語が掲載されているのだ。まさ…

No.366【大阪府】京橋駅名物フランクフルトが消える!?「アンスリー」最後の瞬間に密着!

// 大阪京橋駅のホームには、とんでもなく人気のご当地コンビニがあった。 その名は「アンスリー」。キヨスクのような小さなコンビニではあるが、そこで売られているフランクフルトが大人気なのだ。 もう文字通り飛ぶように売れる。ホームを見渡すと、みんな…

No.365【徳島県】世界で2台のみ稼働のボンカレー自販機!「コインスナック御所24」で堪能!

// レトロ自販機はいくつか種類があり、全国にポツポツと100台ほどあるあるみたいだが、今回はその中でも激レアなものをご紹介したい。 ボンカレー自販機。稼働しているものは2台しか存在してない、まさに骨董品自販機なのである。 今でこそ徳島県の「コイン…

No.362【兵庫県】レトロ自販機のある「石田鶏卵」!!自販機そばにお店の卵をトッピング!

// ここ数年注目が集まっている、昭和のレトロ自販機。中からアツアツのうどんが出てきたりトーストやハンバーガーが出てきたり…。 バラエティー番組やドキュメンタリー番組に取り上げられることもしばしばあるので見たことある人も多いだろうし、それらを複…

No.358【静岡県】桜の季節がやってきた!!「船越堤公園」で富士山と共に花見を楽しめ!

// 2024年3月の下旬。ついにソメイヨシノの開花宣言も出て、春本番が到来しようとしている。 ここ最近はまだまだ寒くて僕はコートにマフラーを手放せないし、数日前には雪も降っていたのだが、それでも確かに春はやってきているのだろう。だからそろそろ花見…

No.357【広島県】レトロ自販機店、廿日市に2024年1月下旬に爆誕!「M's cafe」に行こう!

// 2024年の初頭を飾った大事件といえば、広島県にレトロ自販機保有店が誕生したことだよな。 既存店舗にレトロ自販機が置かれたんじゃないんだぜ。新規開店に合わせてレトロ自販機を置くお店が現れたんだぜ。誠にめでたい。 40年だか50年だか前の気難しい自…

No.353【島根県】レトロ自販機の店「コインレストランかわもと」!中は雅、外は緑で至高!

// 山あいの、緑に囲まれたのどかなロケーション。横には川が流れている。 そんな"日本昔話"みたいなスポットに、昨今話題のレトロ自販機が設置されているドライブインがあるという。 …行くしかねーだろ、そんな素敵ドライブイン! そう思って僕が「コインレ…

No.352【岩手県】東日本大震災から13年…。僕は「十府ヶ浦」の津波記念碑を忘れないよ…。

// 2011年の東日本大震災から間もなく13年となる。 ずいぶんと年月が経ってしまったようだが、それでも忘れてはいけない記憶だよね。 我々個人が記憶しておくのはもちろんのこと、後の世において万一同様の災害が生じたときにも被害を最小に留めておけるよう…

No.350【青森県】90歳のばあちゃんの焼きおにぎりが絶品!路地裏の小屋「はるえ食堂」へ!

// 青森駅からほど近い路地に、「はるえ食堂」という小さな小さなお店がある。 戦後の闇市みたいな雰囲気を残す本当に狭い路地に、バラック小屋がギュギュッと並んでいる中の1つだ。 "食堂"という名前ではあるが、4畳ほどの広さしかなく惣菜等の持ち帰り販売…

No.349【広島県】レトロ自販機の「五洋売店」!埋立地の工場地帯で爽やかな朝を満喫した!

// 広島港にほど近い、埋め立て地の工場地帯の中にある小さな商店。そのお店の店頭に昭和時代に栄華を誇っていた、アツアツのうどんが出てくるレトロな自販機がある。 今ではもう取り扱っているお店も少なく、すごく貴重な自販機だ。 それを求めて全国を旅す…

No.347【青森県】麺2玉分で400円!!吹雪の中、焼きそば専門店「後藤食堂」で満たされた!

// この令和の時代においても、焼きそば並盛(麺2玉分)がわずか400円で食べられる焼きそば屋さんがあるという。 それを聞いて胸の奥が「キュン…♡」ってときめいた。 この国には数多くのラーメン専門店はあるが、焼きそば専門店はそこまで多くはない。家で食…

No.345【愛媛県】海を見ながらのレトロ自販機うどんがうまい!いざ漁港施設の自販機へ!

// 全国津々浦々のレトロ自販機を巡ってきたが、きっと海から一番近いレトロ自販機がここだと思う。 漁港にて、漂ってくる磯の香と共に食べたレトロ自販機のうどんは、そりゃあもう旅情をくすぐるものだったよ。 ここに至るまでは(主に自販機さんの境遇に)…

No.344【青森県】24時間食堂「エンデバー」!テーブルはレトロゲーム内蔵でお年寄り集う!

// 雪深い青森の町で、24時間営業するパワフルなレストランがある。 そのお店の名前は「エンデバー」。 店内はちょっとレトロで、昭和時代にスペースインベーダーとかができて大ブームとなったテーブル型のゲーム機がいまだに多数現役で、地元のおじいちゃん…

No.342【奈良県】なんと美しい親子丼…!激渋「涌本食堂」で大将と語り飯を食った冬の日!

// いつからだろう。昭和レトロな大衆食堂に興味を持つようになったのは。 日本1周目のころはグルメ自体に興味がなく、「コンビニのパン1つあれば2日は運転ができる」とかアホなことを言っていた。 その後はいっぱしにご当地グルメに目覚めたりもした。 今も…

No.341【山口県】池のほとりの不夜城「長沢ガーデン」!レトロ自販機のうどんが沁みるぞ! 

// ドライブイン全盛期を知らない僕が言うのもアレだが、「長沢ガーデン」が最も僕の中において完成されたドライブインである。 レストラン・自販機・スナックコーナー・宿泊・お風呂などがそろっており、しかも続々とトラックやバイクがやってくるという賑…

No.339【東京都】「江古田コンパ」って何!?少し怪しく愉快な空間に1人で3回突撃した!

// 東京の下町っぽいテイストを残す江古田駅。 その駅前にバブリーなビジュアルのお店がある。 「江古田コンパ」。 なんだコンパって? お店の外観を見たことがあっても、中まで入って真相を確かめた人は多くはないだろう。 今回はそんなあなたのために3回ほ…

No.337【島根県】西日の日本海を見つつ自販機麺!そんな「ドライブイン日本海」が最高だ!

// 山陰の海沿いの国道に「ドライブイン日本海」がある。 …どうだろう?なんだかこの一文だけでエモーショナルな感覚がしてこないだろうか? 実際そうなのだ。 日本海を見ながらのシーサイドドライブの途中に出てくる、ちょっと昭和レトロなドライブイン。そ…

No.333【兵庫県】のどかな山間部のドライブイン!!レトロ自販機のうどんが最高だった!

// 新緑が風にそよいで。暑くもなく寒くもなく爽やかで。山にはウグイスの鳴き声が響き渡り。それがBGM。 交通量は多くはないけど、ときおりブーンと走っていくトラックの排気ガスにおいがほんの少しだけ店内でも感じ取れるのが、これまたいい感じに旅情を刺…

No.329【鹿児島県】レトロ自販機不毛地帯の九州!最後の1軒だった「阿久根商店」を偲ぶ!

// 昭和の時代、まだコンビニが世に進出する前にたくさん存在したという、麺類などがホカホカの状態で出てくる自販機。 令和の現代ではほとんど見ることがなくなったが、レトロ自販機としてマニアにひそかな人気を誇っている。 昨今はレトロブームでTV番組な…

No.328【東京都】ボロいがうまい!"きたなシュラン"の「小さなカレー家」の味に驚愕した!

// 東京都心に大久保という町がある。新宿区に属し、新宿駅からも徒歩圏内だ。 そこに個人的にメッチャうまいと思うカレー屋さんがあるから紹介したいと思うのだ。 店名は「小さなカレー家」。牛すじカレー専門店だ。 そのお店の外観はこんな感じ。 「小さい…

No.326【長崎県】佐世保の夜!緊張感あふれる絶品ハンバーガー「ブルースカイ」を再訪!!

// ヤーキーズ・ドットソンの法則というのがある。 適度な緊張がパフォーマンスを向上させてくれるという理論だ。ぬるま湯では人間ダメになるのだ。ストレスを乗り切った先に栄光があるのだ。 さて、佐世保バーガーで有名な佐世保の町の夜である。 2023年の…

No.325【高知県】西日本で唯一のトースト自販機!!「コインスナックプラザ」は超貴重だ!

// 今、全国で静かなブームであるレトロ自販機。 まだ日本にコンビニが普及する前の昭和後期に、昼夜を問わず走り続けるトラックドライバーが夜間でも温かい食事にありつけるよう登場したのが始まりだそうだ。 こういったレトロなマシーンがまだ日本に少しだ…

No.324【富山県】86歳のおじいちゃんの作るポーク風ライスがうますぎて…!絶滅前に行け!

// 「お食事処 ポーク」。 2023年現在で86歳のおじいちゃんオーナーが作る唯一無二の味、"ポーク風ライス"を味わえるお店である。後継者はいないという。 絶滅してしまいそうな絶品メシ、つまり"絶メシ"を追い求めて僕も富山に車を走らせる。おじいちゃんが…

【特集】レトロ自販機のギミックがエモい!!麺類やトーストを食べて巡ろう!(西日本編)

// 世は空前のレトロブームなのである。 10年前にはあまり興味を持つ人もいなくって、ただこの世からゆっくりと忘れ去られて行くと思われていたレトロ自販機にも、今や凄まじい脚光が当たっている。 僕がレトロ自販機の存在を知ったのは、2011年頃だっただろ…

No.319【大阪府】ディープな西成で激安の立ち食い!旅人YAMAが選ぶインパクトある3店舗!

// 聞いてくれ。 僕の母は潔癖で健康志向で、小さい頃は模擬店の食べ物・冷凍食品・インスタント・衣でかさ増しした惣菜等、まともに食べることができなかった。 今思えばそれはひとえに子供への愛なのだが、押さえつけられた欲望は反動でどこかで放出されて…

No.314【静岡県】静岡県の最南端の岬「御前崎」!灯台良し、景色良し、グルメ良しで最高!

// 静岡県の本土の最南端は、「御前崎」である。 油断していると伊豆半島の最南端の「石廊崎」が最南端かなって思ってしまいがちだけど、僅差で御前崎なのである。 ちょっとGoogleマップを引っ張ってくるからその目でご確認いただきたい。 こんな感じで、身…

No.303【北海道】函館ハセガワストア&根室タイエー!ご当地コンビニで焼き鳥弁当を食う!

// 北海道にある、ローカルコンビニチェーン2つを取り上げたい。 1つは函館の「ハセガワストア」、もう1つは根室の「タイエー」だ。 さらには、それらのコンビニチェーン2つ共に名物としている「やきとり弁当」という名前の豚肉の弁当にフォーカスしたい。鳥…