週末大冒険

週末大冒険

ちょっと出かけてみないか。忘れかけていた、ワクワクを探しに。

No.350【青森県】90歳のばあちゃんの焼きおにぎりが絶品!路地裏の小屋「はるえ食堂」へ!

// 青森駅からほど近い路地に、「はるえ食堂」という小さな小さなお店がある。 戦後の闇市みたいな雰囲気を残す本当に狭い路地に、バラック小屋がギュギュッと並んでいる中の1つだ。 "食堂"という名前ではあるが、4畳ほどの広さしかなく惣菜等の持ち帰り販売…

No.349【広島県】レトロ自販機の「五洋売店」!埋立地の工場地帯で爽やかな朝を満喫した!

// 広島港にほど近い、埋め立て地の工場地帯の中にある小さな商店。そのお店の店頭に昭和時代に栄華を誇っていた、アツアツのうどんが出てくるレトロな自販機がある。 今ではもう取り扱っているお店も少なく、すごく貴重な自販機だ。 それを求めて全国を旅す…

No.348【青森県】三陸海岸最北端「葦毛崎」!古城のような展望台は戦時中の軍事施設だ!

// "三陸海岸"って大体誰もが耳にしたことあるよね? リアス海岸で有名だ。僕も小学校の頃から社会の時間かなんかで習い、「海岸ギザギザじゃねーか!すげぇ。いつか僕も現地でギザギザを実感したい。」と思っていた。 ところでその三陸海岸はどこからどこま…

No.347【青森県】麺2玉分で400円!!吹雪の中、焼きそば専門店「後藤食堂」で満たされた!

// この令和の時代においても、焼きそば並盛(麺2玉分)がわずか400円で食べられる焼きそば屋さんがあるという。 それを聞いて胸の奥が「キュン…♡」ってときめいた。 この国には数多くのラーメン専門店はあるが、焼きそば専門店はそこまで多くはない。家で食…

No.346【青森県】県内で一番早く日が昇る!そこは青森県最東南端、小舟戸海岸の階上灯台!

// 「〇〇で一番早い日の出が見られる地」っていうステータスが存在する。 なんだかワクワクするフレーズだよね。輝かしい1日が一番最初に始まるのだから。 それは反対に言うと「〇〇で一番早く夜が来る地」なんだけど、やっぱ"夜"よりか"日の出"の方が、よ…

No.345【愛媛県】海を見ながらのレトロ自販機うどんがうまい!いざ漁港施設の自販機へ!

// 全国津々浦々のレトロ自販機を巡ってきたが、きっと海から一番近いレトロ自販機がここだと思う。 漁港にて、漂ってくる磯の香と共に食べたレトロ自販機のうどんは、そりゃあもう旅情をくすぐるものだったよ。 ここに至るまでは(主に自販機さんの境遇に)…

No.344【青森県】24時間食堂「エンデバー」!テーブルはレトロゲーム内蔵でお年寄り集う!

// 雪深い青森の町で、24時間営業するパワフルなレストランがある。 そのお店の名前は「エンデバー」。 店内はちょっとレトロで、昭和時代にスペースインベーダーとかができて大ブームとなったテーブル型のゲーム機がいまだに多数現役で、地元のおじいちゃん…

No.343【青森県】吹雪の日に宿泊したレトロな「尾野旅館」!女将の即席晩酌セットに感謝!

// 年始早々の津軽地方は、そりゃもう寒くてさ。 前日は頑張って車中泊したのだが、今晩は暖かい布団で寝たいと心に決めたのだ。 こうして出会ったのが、鰺ヶ沢駅前にある「尾野旅館」である。 五所川原から鰺ヶ沢の間で素泊まりできて安くて、そしてヴィン…

No.342【奈良県】なんと美しい親子丼…!激渋「涌本食堂」で大将と語り飯を食った冬の日!

// いつからだろう。昭和レトロな大衆食堂に興味を持つようになったのは。 日本1周目のころはグルメ自体に興味がなく、「コンビニのパン1つあれば2日は運転ができる」とかアホなことを言っていた。 その後はいっぱしにご当地グルメに目覚めたりもした。 今も…

No.341【山口県】池のほとりの不夜城「長沢ガーデン」!レトロ自販機のうどんが沁みるぞ! 

// ドライブイン全盛期を知らない僕が言うのもアレだが、「長沢ガーデン」が最も僕の中において完成されたドライブインである。 レストラン・自販機・スナックコーナー・宿泊・お風呂などがそろっており、しかも続々とトラックやバイクがやってくるという賑…

No.340【佐賀県】田園にそびえるエッフェル塔!高さビル7階分!もはや立派な佐賀の名所!

// 2024年、今年のオリンピックの舞台はフランスである。フランスと言えばパリであり、パリと言えば「エッフェル塔」なのである。 …ならば!2024年は僕もエッフェル塔の記事を執筆すべきであろう!そうに決まっている。 だが残念ながら僕はフランスには行っ…

No.339【東京都】「江古田コンパ」って何!?少し怪しく愉快な空間に1人で3回突撃した!

// 東京の下町っぽいテイストを残す江古田駅。 その駅前にバブリーなビジュアルのお店がある。 「江古田コンパ」。 なんだコンパって? お店の外観を見たことがあっても、中まで入って真相を確かめた人は多くはないだろう。 今回はそんなあなたのために3回ほ…

No.338【宮崎県】海が十字に裂けている「クルスの海」!!ここで願えばきっと夢も叶う!

// 十文字に切り裂かれた海。そんなかっこいいビジュアルの景勝地が日向市にある。 その名も「クルスの海」だ。 僕は中二病だから十文字とかクロスとかって単語を聞いただけで「ヒョー!かっけぇぇ!」ってなる。英語だとクロスだが、あえてポルトガル語でク…

No.337【島根県】西日の日本海を見つつ自販機麺!そんな「ドライブイン日本海」が最高だ!

// 山陰の海沿いの国道に「ドライブイン日本海」がある。 …どうだろう?なんだかこの一文だけでエモーショナルな感覚がしてこないだろうか? 実際そうなのだ。 日本海を見ながらのシーサイドドライブの途中に出てくる、ちょっと昭和レトロなドライブイン。そ…

No.336【京都府】千本鳥居で有名な「伏見稲荷大社」!!夜はダンジョンっぽくてドキドキ!

// 京都について常識的な知識を持つ人々よ、申し訳ない。 今回は、千本鳥居として世界的に有名な、あの「伏見稲荷大社」に何の事前知識もない僕が突撃する話をさせていただきたい。 恥ずかしながら、この年まで伏見稲荷大社についてほぼ知識ゼロのまま過ごし…

No.335【青森県】泊まれる遊郭「新むつ旅館」!!またいつか再開してほしいと切に願う…!

// 国の登録有形文化財であり、泊まれる元遊郭「新むつ旅館」。 女将さんが亡くなり2022年廃業となった。 現在は外観は見ることができるものの、中に入ることはできない。あの激渋な建物内部、特徴的なY字階段、吹き抜け部分の空中回廊…。 あのドキドキワク…

No.334【滋賀県】雪の中の初詣で気が引き締まった!東近江の奥座敷「永源寺」参拝記録!

// 2024年がスタートした。誠にめでたい。 いや、率直に言うとめでたいかどうかよくわからないが、めでたくあるべきだとは思っている。 だから僕らは初詣に行くのだ。 あなたはもう初詣には行かれただろうか?僕は実はまだなので、2年前の初詣の記録でも振り…

No.333【兵庫県】のどかな山間部のドライブイン!!レトロ自販機のうどんが最高だった!

// 新緑が風にそよいで。暑くもなく寒くもなく爽やかで。山にはウグイスの鳴き声が響き渡り。それがBGM。 交通量は多くはないけど、ときおりブーンと走っていくトラックの排気ガスにおいがほんの少しだけ店内でも感じ取れるのが、これまたいい感じに旅情を刺…

No.332【富山県】リアルな石像が1000体以上!!富山屈指の珍スポットはミステリアスだ!

// 1200。 このエリアにある石像の数だ。無数の仏像が立ち並ぶスポットは国内にはそこそこあるが、さすがに1200体は聞いたことがない。 ましてやそのスポットを作り上げたのは一個人だというから常軌を逸していると感じた。 そのスポット名は、「ふれあい石…

No.331【茨城県】日本最大の埴輪「はに丸タワー」がクレイジー!くれふしの里を散策した!

// 「くれふしの里古墳公園」には日本一大きい埴輪(はにわ)がいる。 ズドーンとロケットのように芝生広場の中央に鎮座している。「そもそも埴輪ってなんだったっけ?」って感じにゲシュタルトが崩壊しそうなくらいに巨大な埴輪だ。 その名は「はに丸タワー…

No.330【福岡県】「軍艦防波堤」には本物の軍艦が埋まっている!今もその姿を見られるぞ!

// ここ2年程で、「AIが描いた絵」というのが話題になっているよね。主にちょっと変な方向に行っちゃった系を中心に。 例えばピザハットを描かせたら巨大なピザを帽子にしたおじさんができあがるし、丸亀製麺を描かせたらうどんの中にぽっちゃりしたカメが入…

No.329【鹿児島県】レトロ自販機不毛地帯の九州!最後の1軒だった「阿久根商店」を偲ぶ!

// 昭和の時代、まだコンビニが世に進出する前にたくさん存在したという、麺類などがホカホカの状態で出てくる自販機。 令和の現代ではほとんど見ることがなくなったが、レトロ自販機としてマニアにひそかな人気を誇っている。 昨今はレトロブームでTV番組な…

No.328【東京都】ボロいがうまい!"きたなシュラン"の「小さなカレー家」の味に驚愕した!

// 東京都心に大久保という町がある。新宿区に属し、新宿駅からも徒歩圏内だ。 そこに個人的にメッチャうまいと思うカレー屋さんがあるから紹介したいと思うのだ。 店名は「小さなカレー家」。牛すじカレー専門店だ。 そのお店の外観はこんな感じ。 「小さい…

No.327【大分県】山村の集落に本物の「トトロのバス停」!!バス停廃止前後を訪問した!

// 「ジブリっぽい」とか「トトロっぽい」みたいな表現はよく聞く。 しかし驚くなかれ、今回は「ぽい」ではなく本物のトトロ(漢字で書くと"轟")という名の集落を取り上げようと思う。 そこにあるバス停、「トトロのバス停」ももちろん本物でありかつてはバ…

No.326【長崎県】佐世保の夜!緊張感あふれる絶品ハンバーガー「ブルースカイ」を再訪!!

// ヤーキーズ・ドットソンの法則というのがある。 適度な緊張がパフォーマンスを向上させてくれるという理論だ。ぬるま湯では人間ダメになるのだ。ストレスを乗り切った先に栄光があるのだ。 さて、佐世保バーガーで有名な佐世保の町の夜である。 2023年の…

No.325【高知県】西日本で唯一のトースト自販機!!「コインスナックプラザ」は超貴重だ!

// 今、全国で静かなブームであるレトロ自販機。 まだ日本にコンビニが普及する前の昭和後期に、昼夜を問わず走り続けるトラックドライバーが夜間でも温かい食事にありつけるよう登場したのが始まりだそうだ。 こういったレトロなマシーンがまだ日本に少しだ…

No.324【富山県】86歳のおじいちゃんの作るポーク風ライスがうますぎて…!絶滅前に行け!

// 「お食事処 ポーク」。 2023年現在で86歳のおじいちゃんオーナーが作る唯一無二の味、"ポーク風ライス"を味わえるお店である。後継者はいないという。 絶滅してしまいそうな絶品メシ、つまり"絶メシ"を追い求めて僕も富山に車を走らせる。おじいちゃんが…

No.323【佐賀県】磁器の美しい青い鳥居!境内を疾走する列車!「陶山神社」は面白いぞ!

// 有田町。誰もが一度が耳にしたことのある"有田焼"で有名な町だ。 そこで造られる陶磁器は世界に誇る日本の宝。 そんな有田の町には、鳥居も燈篭も陶磁器でできた神社があるという。 うむ、さすが陶磁器の町。でも斬新すぎやしませんか?気になって気にな…

No.322【千葉県】どういう世界の産物かな?縦に分岐する「2階建てトンネル」に目を疑う!

// 2階建てトンネル。 今宵はその意味不明なパワーワードに震えて眠れ。 さてさて、ちまたでは2階建てトンネルと呼ばれているスポットが静かに人気なのである。 しかし2階建てトンネルっていったいなんなのだろうね?例えば首都高や都心の地下鉄などは、トン…

【特集】レトロ自販機のギミックがエモい!!麺類やトーストを食べて巡ろう!(西日本編)

// 世は空前のレトロブームなのである。 10年前にはあまり興味を持つ人もいなくって、ただこの世からゆっくりと忘れ去られて行くと思われていたレトロ自販機にも、今や凄まじい脚光が当たっている。 僕がレトロ自販機の存在を知ったのは、2011年頃だっただろ…